家の模型

地元の工務店で理想とする家作り|安心のサポート体制

  1. Home
  2. 一戸建ての得する暮らし

一戸建ての得する暮らし

婦人

住まいをそのまま使う

茅ヶ崎にも、世代の違う家族が二世帯住宅として建設した不動産が、売買されています。生活スタイルも家に対するこだわりも違う二世帯が暮らすため、プライバシーのキープ、コミュニケーションの取り方などが取り入れられています。茅ヶ崎エリアでは、こうした中古一戸建て住宅を賢く使うケースが話題です。例えば、独立性の高い完全分離型では、片方を賃貸として使うことが可能です。二世帯や三世帯でのプランでは生活音にも配慮されています。水回り・子供の声や足音・楽器やオーディオなどが一例ですが、壁や床や窓にも防音対策が施され、プライバシーにも配慮できます。また中古一戸建てでは共有部分があることで、シェアハウスとした使い方も話題性が高い傾向です。プレイルーム、個室意外を共有させるなど、茅ヶ崎に住む若い人同士が中古一戸建てを賢く使える目的で購入し、最適な暮らし方を展開しています。

収納の満足感

住まいの不満は住んでみて初めて見えることもあり、特に中古一戸建て住宅では収納が足りなくなる不満も挙げられています。とはいえ、収納量を確保すれば解決するものではなく、作業動線に合わせた適材適所の位置もあるため、整理収納アドバイザーなど、茅ヶ崎エリアでは専門家への相談が評価されています。可動式とするだけで、ライフスタイル・プランに変化が出ても対応できます。各居室の収納は、中古一戸建ての購入では限りがあります。天井裏・床下・壁厚などのデッドスペースを収納に生かしたり、新築時に造られた構造をそのまま活用し、オープンな収納棚を設けることなどが人気です。機能性を生かし、中古でもスッキリ暮らす収納からのプランニングは人気を集めています。